NIPPAN 日発販売株式会社
  • ホーム
  • 事業紹介
  • 産業インフラ事業
  • POF(Plastic Optical Fiber)加工器
事業紹介
産業インフラ事業
POF(Plastic Optical Fiber)加工器

フェルール・コネクタが取り付けられた状態のプラスチック光ファイバーを加工部に挿入し、端面を切削加工する装置です。

【特長】
1.誰でも簡単に短時間でPOFの加工ができます。
2.アタッチメント・カッターのオーダーメイドも可能で、アタッチメント交換によりフェルール・コネクタの形状を問わず加工可能で、端面形状を平面・球面など様々な形状に加工できます。
3.真鍮、樹脂、光通信用プラスチックファイバなどを加工可能です。


【取扱説明書】(Instruction)
取扱い説明書(Japanese.pdf)
取扱い説明書(English.pdf)

POF(Plastic Optical Fiber)とは

光信号が通過するコア材にアクリルを、コア材を覆うクラッド材にフッ素樹脂を用いた光ファイバー。
長距離通信に適している石英系の光ファイバーと比べ安価で、曲げに強く折れにくいというメリットがあります。

プラスチック製ファイバーガラス製ファイバー
①短距離伝送向き ①長距離伝送向き
②軽量で曲げに強く折れにくい ②曲げに弱く、割れる可能性あり
③大きなコア系でファイバ同士のカップリング等が比較的容易 ③コア径が細い為ファイバ同士のカップリング等に高い精度が必要
④安価である ④高価である
Page Top